スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同期会にて~アジアン料理&クルージング~

今週の水曜日、現在の職場の同期会がありました。
派遣先のメンバーでの集まりも時々ありますが、
同期会はやはり同じ時期に入社しているので、
結構本音トークになりますね(笑)

今回の幹事さんがバリバリのハマッ子だった事もあり、
場所は【タイクーン】でした。

このお店、かなり昔からあるんですよね。
私の20代の頃にもありましたから・・・・懐かしいなぁ。
お店のオープンは1989年との事でした。
遠い昔・・・青春時代を思い出し、顔がニヤケてしまいました(笑)

私達は室内でしたが、この時期はオープンテラスも人気です。

夕暮れ時も良い感じでした。

このお店の良いところは、予約をすれば食事の後に無料でクルージングに
参加出来る事です。
当然私達も、お料理を堪能した後に船に乗り込みました!
8-31-7.jpg


船からお店を見ると、テラス席はやはりいっぱいになっていました。
8-31-2.jpg



これから、ベイブリッジに向かいます!
8-31-3.jpg


ベイブリッジを真下から見る事ってあまりないですよね・・・・
8-31-4.jpg



ベイブリッジをくぐったあとは、Uターンします!
8-31-5.jpg




海側から見た、『みなとみらい』
知っている景色でも、改めてこうして見ると何だか違う・・・
ちょっと、感動しちゃいました
8-31-6.jpg


スポンサーサイト

ボール大好き!

ピッチャー、振りかぶって・・・・・



投げました。
8-22-2.jpg



飛んできた、ボールをナイスキャッチ!
8-22-4.jpg



おっと、今度はお腹で受け止めました!
8-22-3.jpg


このボールが好きすぎて・・・・
8-22-5.jpg


離したくない・・・
8-22-6.jpg


これは絶対、あたちのです!
8-22-7.jpg




みゅうちゃんを、これほどまでに虜にするこのボール。
一体どんな魅力があるんだろう・・・
8-22-8.jpg

帰国後初騎乗と花火大会

先週の水曜日、モンゴルからの帰国後、やっとクリエに行く事が出来ました。

49鞍目      タッジーマッジー

まず最初に感じた事が、「あれぇ~馬ってこんなに大きかったっけ・・・・」
サラブレッドは、モンゴル馬に比べると大きいのです。
1か月弱会っていなかったので、何だか浦島花子になってしまいました(笑)

前回の騎乗までに少しずつ良くなってきていた私の悪い癖が、
あろうことか又復活してしまったみたい・・・(泣)
やっぱり続けて乗らないと駄目なんですねぇ。
地道に頑張ります!!!


そして、土曜日には夏のクリエ恒例、納涼バーベキューパーティがありました。
久里浜にある、自衛隊武山駐屯地の花火大会が開催される為です。
昨年は震災の影響で、花火大会が中止された為、それに伴ってバーベキューも
中止となっていました。2年ぶりの開催です。


18時30分頃、花火が上がるであろう方向には、この景色・・・・
夕焼けに富士山のシルエットが良い感じ。
8-27-8.jpg




花火が始まる1時間前位から、バーベキューパーティが始まりました。
新しい会員さんもいて、知らない人がいっぱいいましたが、
イベントの時にしか会えない会員さんも沢山いて、盛り上がりました。
あっという間に真っ暗です。。。





花火が始まりました。
この花火を見ると、もうすぐ夏が終るんだなぁ~って思います。
実際、暑さは結構続くんですけどね・・・・
8-27-4.jpg




時間と共に、酔っ払いが増えてきます。
皆さん、花火ちゃんと見てますかぁ~(笑)
8-27-5.jpg



あっという間に時間が過ぎてしまいました。
久々に会う人が多い事もあるけど、馬が絡むと話が尽きないんですよね。
8-27-6.jpg

私は次の日仕事なのに、結局2次会に行く事に・・・・(笑)
モンゴルで食べ過ぎて、体重が○kgも増えたまま戻っていないというのに、
この日一日で更に輪をかけてしまいました・・・・
○kg増やすのは簡単なのに、○kg減らすのって何で大変なんだろう・・・

やられてばかりではありません・・・・

みゅうのご飯のお皿は、時間設定が出来るものを使っています。
あんまり、「ミャオ、ミャオ」呼ぶので、行ってみると、
案の定まだご飯の時間じゃないのに、お腹が空いてしまった様です。




ご飯が出て来る所から、手を突っ込んでガシャガシャやっていると、
何粒かご飯が出てきます。
それを阻止する為の部品も取り付けたんですけど・・・・
みゅうはそれでも根気よく手を突っ込み、ご飯のゲットに成功しています。
多分それで、規定外の量のご飯を結構食べている様に思います(笑)
8-21-2.jpg
あれ?この光景どこかで見覚えが・・・・
ああそうだ、あの時だ! → あの時




今回のみゅうは、やられてばかりではありません。
8-21-4.jpg
これは、進歩してるとは言わないか・・・・(笑)

みゅう様の御帰り・・・・

私の留守中、実はちょっとした事件がありました。
なんと、ソックスがリビングのカーペットの上にウ●●をしたのです。
そして、みゅうもお風呂のマットにオ●●コをしてしまいました。
こんな事初めてです。
やっぱり、環境の変化を敏感に察知したのでしょうか・・・

びっくりしたのは旦那ですよね。
「お前、ふざけんなよぉ~!」って叫んだんだろうなぁ~(笑)
いや、本当にすみませんでした。
二匹に代わって、お詫び申し上げます・・・・
今はとりあえず、治まっています


又いつもの生活に戻りました。
昼間はリビングで冷房をかけるので、ドアは閉め切ります。
でもみゅうは何故か、暑い廊下や他の部屋に行ってしまいます。



しばらくすると、ドンドンと扉を叩く音が・・・・・
8-20-1.jpg
みゅう様の御帰りです。



いつもはすぐに開けてあげるのですが、ちょっとじらしてみました。
8-20-4.jpg
すると、コロンッと寝転がり、アピールタイムの始まりです。



みゅう「ねぇ、開けてよぉ~
8-20-2.jpg
あなた、結構悩ましいお顔するのねぇ~(笑)
 


みゅう「あたち、お腹も空いちゃったのよぉ~!」
8-20-3.jpg




ソックス 「ぼくは、涼しいお部屋にいる方が絶対いいな!」
8-20-6.jpg

モンゴル紀行 その4

今回の旅を楽しくさせてくれた理由の一つが、食事が美味しかった事。
シェフのプーチェは、日本人の味の好みを研究していて、その料理は毎年どんどん
進化していったそうです。
今回のシェフがプーチェだと知らされた時、皆歓声を上げていましたっけ・・・
8-17-1.jpg8-17-3.jpg
8-17-4.jpg
『左上』サラダですが、具材も新鮮なんだけど味付けが美味しくて、
ドレッシングは売っているのか聞いてみたら、全部プーチェが味付けしたとの事。
毎回色々なバージョンが出てきましたが、みな美味しかったです。
流石は料理人です!

『右上』ズッキーニの天ぷら これも美味しかったなぁ~

『左下』お肉の触感なんだけど、実は大豆で作られたもの。
日本でもダイエット健康食品で最近話題になったような・・・・
料理の仕方で本当にお肉に思えてしまいました。


8-17-6.jpg8-17-7.jpg
8-17-9.jpg8-17-10.jpg
『左上』牛肉の干肉が入ったおかゆとサラダ。
この干肉は本当に良い出汁が出て美味しかった!いくらでも食べちゃう感じ・・・
干肉料理も色々なバージョンがありました。
『右上』干肉入りのきしめんを焼いたものです。これも美味しかった。
スミマセン。「これはちょっと・・・・」っていうの、ありませんでした(笑)

『左下』モンゴルのパンが、意外に美味しかったです・・・オリンピックバージョン!

『右下』オムレツの上に乗っているのは、キャビアです。
モンゴルでは、〖イクラ〗と書かれた瓶にキャビアが入って売っています。


8-17-5.jpg8-17-11.jpg
宴会の時、皆で回しながら飲む習慣のある〖アルヒ〗(ウォッカ)
最初はキツイ!って思ったけど、何回か飲んでいるうちに美味しく感じてきました(笑)

モンゴルでの宴会は、昔のキャンプファイアーを思い出しました。
皆で丸くなって、歌を歌います。
モンゴル語の歌は、歌詞の意味は分からなくても、
なんだか心に響いた気がしました。





今回の旅は草原を走るだけではなく、山に登って植物も観察しました。
8-18-1.jpg8-18-2.jpg
8-18-4.jpg8-18-3.jpg
8-18-12.jpg8-18-7.jpg


日本で見かける物もありますね。
8-18-8.jpg8-18-10.jpg
8-18-9.jpg8-18-12.jpg
8-18-5.jpg8-18-11.jpg





最後に、モンゴルで撮ったお気に入りの写真を乗せてみます。

8-15-1.jpg




8-18-13.jpg
8-18-14.jpg




8-14-12.jpg
8-14-13.jpg

今回のモンゴル紀行はこれで終りです。
最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。

モンゴル紀行 その3

今回の旅でお世話になった、ガイドのガンさんとツーショット。
ガンさんのお陰で、本当に楽しい旅をする事が出来ました。
ガイドという仕事は、本当に大変だと思いました。
知力、体力に加えて人間力も必要です。
そういう意味で、ガンさんがナミラン会のガイドで本当に良かったです!
8-14-24.jpg



ガンさんの息子のウスホー君。
彼は3年前にもツアーに参加したそうです。
お父さんと一緒にツアーに参加するのは、ナミラン会の時だけだそうです。
それだけ心を許してくれているのですね。
お父さんの背中を見て、きっと彼も頼りになるガイドさんになるのではないかと
思いました。




大草原をデールを着て駆け廻り・・・・
8-14-23.jpg



たまには青空ランチ・・・・
8-14-25.jpg





5日目の夜、小宴会の後外に出て見ると、星がとても綺麗で思わず口を開けたまま
見入ってしまいました。

ドーム型の夜空に、万面の星・・・・
プラネタリュウムで見たのと同じです。
普段見えない星もあるので、夏の大三角形がどれなのかもわからない始末。
さすがに、北斗七星はわかりましたが他は・・・・

ここでもガンさんが、星座も示せるレーザーポインターを登場させ、
皆をびっくりさせました。
レーザーポインターで星を指しながら
「はくちょう座」が、アレとアレを結ぶでしょ、そして夏の大三角形は、
アレとアレとアレ!」
優れモノに、皆大絶賛でした。

この日の夜空は、モンゴルでも珍しい程星が綺麗だったそうです。
途中で何度も流れ星を見れました。
あまりにも綺麗だったので、ずっと見ていたくて、
次の日は朝早いのに、なかなかテントに戻れませんでした。




次の日の朝は、5時に起きて山に登り野生動物を見に行く事になりました。
これが、後にも先にも一番きつかった!!!(笑)

結構な斜面を、ガンさんはドンドン進みます。
他のメンバーも何とかついて行っています。

私は一番後ろから、休みたい気持ちを抑えて、
ゆっくり足を前に出す事だけに集中しました。
多分ここで休んでしまったら、もう動けないと思ったものですから・・・
あ~馬はいつも大変なんだなぁ・・・って思いました(笑)

標高が高いせいもあるのでしょうか、「ゼーハー、ゼーハー」言いながらも、
何とか先頭に追い付きました。
そこで、今までの疲れを吹き飛ばす、エゾシカの姿を見る事が出来たのです。
山の頂上から下を見下ろす形で見る事が出来ました。


その帰り道で、またもや凄いモノに遭遇してしまいました!
知る人ぞ知る、高山蝶の王様『ノミオン』
8-15-15.jpg

私達のツアーの前にガンさんは、高山蝶の研究者である「高橋真弓さん」の
ガイドをしたそうです。
その時に、この『ノミオン』を求めて350万円をかけてクルーを組んで挑みましたが、
発見できなかったという話を聞いたそうです。

8-15-16.jpg
私達はこうして撮影したばかりでなく、その後も馬で山を登った時には、
普通にこの『ノミオン』が近くを飛んでいました。


モンゴル紀行 その4に続く・・・

モンゴル紀行 その2

テントを張った場所から目前の風景を撮影!
写真にしてしまうと、何だか違う。あまり伝わらない・・・?
あ~望遠レンズが欲しい・・・(笑)

左下の小さい粒は羊です。
その右側にある2つの白いものが、タヒが出没したゲルです!



4日目も雨が心配なので、デールではなくカッパを着て騎乗しました!
山の頂上にあった『オボー』
8-14-11.jpg
オボーとはモンゴルで建てられる、一種のケルン(標柱)です。
通常石や木で作られ、山頂や峠のような高所に建てられることが多いそうです。
旅において道中の安全を祈願してオボーの周りを三周、
時計回りに回る事が慣習となっています。
・・・という事で、私達も3周まわってみました。


山から下りて来ると、又草原が広がります。
走る、走る、走る・・・・・
カメラを向けられると、ついカメラ目線になってしまう私・・・(笑)
8-14-19.jpg


走っていると、皆テンションがドンドン上がります!
8-14-18.jpg
しかしガイドのガンさんは、走っている私達を、並走したり追い越したりしながら
写真を撮るわけです。
大変だよなぁ~。しかもビデオもたくさん撮ってくれました。
私では絶対撮れない映像も入ってました。本当に感謝です。


お昼休憩・・・・こんなに青空で良い天気です。
このあと、大雨に見舞われるなんて誰が想像していたでしょう。
いわゆるゲリラ豪雨ってやつです。
8-15-9.jpg
お昼を食べていると、ガンさんが「雨が降りそうだから荷物を車の中に入れて!」
と叫びます。
「え~食べ終わってからでいいじゃん!」と私達・・・
「いえ、今やった方がいいです」とガンさん。
荷物を移動していると、真っ黒の雲が雨を引き連れてこちらにやってくるのが
わかりました。
さすがガンさん。どの位で雨が降るのか経験でわかっているのですね。

しばらくゲリラ豪雨と風を耐え忍ぶと、その後は又青空が・・・
しかも、虹が出ています。 ちょっと、解りずらいですね。
8-14-20.jpg


今回は天気に翻弄されました。
夕方位から又雨が降り出したのです。
騎乗する分には、それほど問題は無いのですが、
テントを張る事に問題がありました。
テントは、雨が降り始めてから張るのは難しい・・・・

急遽、動向してくれているサイナさんのお兄さんのゲルに
宿泊させてもらう事になりました。
この日お兄さんは、翌日親戚の葬儀に出席する為、外出中でした。
サイナさんのお兄さんのゲルまで、走る、走る、走る・・・・
この日もホント良く走りました。

ゲルに着きましたが、外出中の為当然ゲルにはカギがかかっています。
携帯電話で、お兄さんにカギを壊すことを告げ、中に入りました。
考えて見ると凄い事ですよね。
人の留守中に、カギを壊して家の中に侵入するなんて・・・・(笑)
本当に貴重な体験をしました!

荷物を置いてゲルから出て見ると、又虹が出ていました。
8-14-22.jpg
今回は二重になっていました。 でもやっぱり解りずらい・・・(笑)


モンゴル紀行 その3につづく・・・

モンゴル紀行 その1

ついに、その日が来ました。
今回のモンゴルツアー【ナミラン会】のメンバーは5名でした。
【ナミラン会】の歴史は古く、もう16年になるそうです。
今回の参加メンバーは皆勤賞のTさんをはじめ、黒一点だったYさん、
そしてクリエのメンバーMさんと、Nさんでした。

お昼過ぎに成田に集合し、飛行機で約5時間。
ウランバートルで、ガイドのガンさん達と合流し、テントの宿泊地に車で向かいます。
着いた時には辺りは真っ暗・・・・・
と言っても、その日は月が出ていたので、それほどではないと言われました。

月が出ていないと本当に真っ暗なのだとか・・・
その代わり、星が綺麗で感動するそうです。
後日私は、その感動を味わうことになります。

初日は夕飯を食べて寝るだけです。
ところが運転手のバルタンさんが、その日「馬乳酒祭り」の帰りだったとかで、
とびっきりの馬乳酒を持ってきてくれました。
なんと、初日にいきなり馬乳酒を頂いてしまいました。

噂には聞いていましたが、なるほど、ヨーグルト風味で、カルピスを思い出す感じ・・・・
想像していたより飲みやすかったです。
家庭によって馬乳酒の味は違うそうです。
私は初めて頂いたので比べる事は出来ませんが、他のメンバーは
今まで飲んだ中で一番美味しいと絶賛しておりました。


翌朝、明るくなってみると「うわぁ~こんな所に泊っていたのかぁ~」と
叫んでしまいました。
見渡す限りの大草原・・・・
しばらく、口を開けたままボ~っとしてしまいました(笑)

小高い丘を見上げると、放牧されていた馬を男の子が迎えに来ました。
一列に並んで歩く風景がなんだかとても素敵で、思わずパチリ・・・・
う~ん・・・のどかだなぁ~

モンゴルの人は、あまり時間を気にしないそうです。
せかされたりしないので、慣れない環境で初めての人と団体行動をする私にとっては、とてもありがたかったです。


ナミラン会のメンバーがそうである様に、今回私もモンゴルの民族衣装〖デール〗を着て馬に乗りました。
この〖デール〗は毎年このツアーに同行してくれる、【モンゴルのお母さん】の手作りです。
デールは、モンゴルの気候にとても適していて、優れモノです。
帯を巻いて、胸の下に色々な物を入れたりも出来ます。

今回は雨が多かったので、デールではなくカッパを着て騎乗する事が多くなってしまった事が残念です。
8-14-27.jpg


さて、デールを着て・・・・いや、着せてもらって(笑)馬の元に向かいます。
今回は、遊牧民のサイナさんの馬を借りる事になりました。
馬を借りた所には、子供たちがたくさんいて、ヤギの赤ちゃんを見せてくれました。
8-14-3.jpg
2日目は、足慣らし(馬慣らし?)ということもあり、ゆっくり、のんびりです。


馬達も、ほのぼの~ こんな姿を見ると、凄いスピードで走る姿を想像出来ません。
8-14-6.jpg


とは言っても、さすがナミラン会。
ゆっくり・・・とか言いながら、午後からは結構走っていました(笑)
私も何とかついて行きましたが・・・・

遊牧民のゲルを訪問した時には、結構ヘロヘロ・・・・
馬乳酒とチーズをご馳走になりましたが、正直私は味わっている余裕はありませんでした(笑)
8-14-7.jpg
8-14-8.jpg
慣れていない2日目が一番きつかったかな?
いやいや、もっとキツイ時がありましたっけ・・・・(笑)
それは、また改めて書くとして・・・・
多少覚悟はしていましたが、普段グータラ生活をしている私には、
やはり思い知らされました。

昔は「体力だけには自信があります!」って偉そうに言っていたんですけどね(笑)
来年又来る時までには、もう少し体力をつけようと、2日目早々に硬く誓った私でした。





今回はウランバートルから西に90kmに位置する「ホスタイ」に行って、
真の野生馬『タヒ』に会うのが大きな目的です。
『タヒ』は一度は絶滅寸前まで追い込まれましたが、
今は「ホスタイ国立自然公園」で保護されその数を増やしています。

2日目は残念ながら会う事は出来ませんでしたが、4日目に感動のご対面!
『タヒ』は普通、4~20頭位のハーレムを作って暮しています。
夕方になると、水場で目撃される事が多いのですが、今回は違いました。
8-14-15.jpg
なんと、1頭のみで民家のゲルまで来ています

警戒心が強いのであまり傍までは近寄れません。
それにしても、こんな記念写真(ゲルと共に写真に写る『タヒ』)は
とても珍しいそうです。
8-14-14.jpg


モンゴル紀行 その2へ続く・・・

モンゴル最前線・・・

何だかんだ言っている間にもう8月・・・・モンゴルの出発日、4日は目前です!

ソックス 「最近のママは浮足立っているよね・・・・
僕達を置いて、自分だけお馬さんといっぱい遊んでくるんでしょ。
ぼくだって、お馬さんと遊びたいよ・・・

うわぁ~そんな風に言われちゃうとせつないなぁ



みゅう 「大丈夫よ、ママ!  ソックス君の面倒は、私が見ておくから・・・・
それより、お馬さんに食べられない様に気をつけてね
8-1-2.jpg
おおっ!みゅうちゃんは頼もしい
大丈夫!!お馬さんはお肉食べないから・・・・(笑)
お尻をかじられた事はあるけどね



11日には帰ってくるから、それまで二人ともパパの言う事良く聞いて、
いい子にしててね

8-1-4.jpg
プロフィール

ガリバー

Author:ガリバー
夫【コッチン】ひとり、猫2匹と気ままに暮らしております。
馬に乗ることに魅せられ早十年。
当初は、海岸の波打ち際を暴れん坊将軍の様に走れたら、どんなに気持ちが良いだろうと思い始めました。
今はこのスポーツの奥の深さを知り、なかなか人馬一体になれないのに文句も言わず付き合ってくれる馬達に感謝しながら、足しげく通っております。
(えっ 文句言ってるって・・・?)

『ガリバー』は私の小学校時代のニックネームです。
少しだけ童心に返り、素直な気持ちで日々の出来事や感じた事、我が家の癒しの源を中心に綴ってみたいと思います。

癒しの源
                               ☆みゅう                                                〖ロシアンブルー〗女の子                                        Birthday H18.12.30                                  ☆ソックス                                               〖ラグドール〗男の子                                          Birthday H19.12.18  
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
2012/6/14より
ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2プロフ
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。